イベント報告★キャリアコンサルタントと話せる/話を聞ける会 vol.2

CAREER PLANTSでは、オンライン上だけのサービスに留まることなく、実際にキャリアで悩んでいる方とキャリアコンサルタント(メンター)をつなぐサービスを展開します。2019年1月からはキャリアインタビューとして紹介している方や、キャリアコンサルタントと実際にお会いし、ゆっくりとお話ができる交流イベントを月1ペースで開催しはじめました。今回は2月に開催しました2回目の様子と3回目の案内をお伝えします。

 

 

ゆっくりと聞きたいことを聴ける場

 

春の訪れを感じるほどに徐々に温かさを感じる2月23日(土)にCAREER PLANTSとして第2回目のリアルイベント「キャリアコンサルタントと話せる/話を聞ける会 vol.2」を実施しました。前回のイベントの様子をご覧になった方々をはじめとした10名の参加者と、スピーカーの小田切さん(キャリアストーリーはこちらからご一読になれます)。参加者から様々なご質問を頂戴しました(以下はその中の一部を抜粋しました)。

 

「教員と民間で働いてみて、どんな違い/共通項があるか

「転職を決意した・踏み出したきっかけはなにか」

「人材系企業への転職希望の教育をイベントで遭遇するが、実際はどうなのか」

「もやもやってキーワードを最近よく耳にするが、ご自身の解消法ってあるか」

「理想のキャリア教育って小田切さんはじめ参加者の皆さんはどう考えているか」

 

会の前半はゲストから回答することで話が進みましたが、中盤以降は、全員で考えていきたいテーマを参加されている方々がそれぞれの立場で、深堀する座談会形式に変化していきました。参加者の中にもいらっしゃった「教員」という立場、また「教育」について関心度の高い方が集まったからかもしれません。

 

その中でも、「キャリアコンサルタント」と「産業カウンセラー」の役割やアプローチ方法の違い、実際のキャリア相談の業務においてどのように相談者と向き合っているのか 個別案件の具体例がわからないながらにポイントのついた表現で事例紹介をしていただけるなど、参加者からの質問が「キャリアコンサルタント」という職に関心が高いこともよくわかりました。

 

 

多くの方が、「将来、どんな仕事(職業)になりたい?」と幼い頃に夢を聞かれたことがあったかと思います。自身が把握している知見に依存したこの質問の方法に、小田切さんは疑問を抱いており、「どんな大人になりたい?」といった「性格」や「性質」といった特徴的な観点で、自分が「なりたい人物像」を描いてもらった上で、どうやったらそうなれるかを一緒に考えていくことで、キャリア教育が変わっていくのではないかと考えていると経験に基づく力強いメッセージを受け取ることができたように感じます。

 

参加された方と身近な距離感で、ざっくばらんにお話が相互にできたことで、参加者、スピーカー、運営のそれぞが満足度の高いイベントになったことは、その後のフリートークや、参加者+スピーカーでの打ち上げにいくなどのお話からも伺えました。皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

次回は3月23日(土)に開催

 

CAREER PLANTSはオンライン上でのキャリアをサポートするサービスです(現状ではメディアとして、キャリアストーリーといったインタビュー記事のご紹介のみ)が、キャリアコンサルタントとして活躍されている方を囲み、少人数でゆっくりとお話ができる場を毎月開催してまいります。

次回はCAREER PLANTS登録キャリアコンサルタント つちやさんをスピーカーに迎えて開催します。以下、詳細です。

 

日時:2019年3月23日(土) 16:00~19:00 (途中参加・途中退場も歓迎!)

場所:nokutica (神奈川県川崎市高津区下作延1-1-7)

会費:1,000円(ドリンク代込み)

申し込み方法:

Facebookのイベントページから参加 もしくは info@re-ch.co.jp までメールにてお申込みください。