CAREER PLANTSローンチ1周年対談【前編】

「CAREER PLANTS」のローンチから約1年が経過しました。立ち上げから運営を担っている2名が、この1年間の歩み対談形式で、ざっくりばらんにご紹介いたします。今回はその前編。既存の2つのサービスについて語ります

 

インタビュー記事・キャリアを考えるコラム

 

希代:

前回の2人の対談記事から1年ほど経過しようとしており、ひさしぶりにこの場に登場しましたが、ひっそりと裏方で運営として活動しています 笑。

 

関島:

そうね、当然ながらこうやって表立って登場することなどないからね、俺ら 笑。

それにしてもインタビューなどの記事のローンチが2018年10月末だから、1年以上になるんだね、ローンチしてから。早いもんだね。

インタビュー記事も1年で20人を越えるステキな方々をご紹介できたのは大きな成果だよね。

 

希代:

なによりもここで紹介してきた方って、各記事の冒頭に記載している「身近にいそうな誰かの人生観をはじめとしたキャリアストーリーをお届けするインタビュー記事」を大切にしているよね。

どこかの有名企業を立ち上げた方のインタビュー記事とかって、読みごたえはあるし面白い。でも私たちがサービスの対象者として捉えている「キャリアで何かモヤモヤしている方」が読んだときに、「すごいなー面白いなー。でもこれって 自分とはかけはなれた存在だから参考にはならないなぁ・・・」と思ってしまうんじゃないかな。

それだったら、まだキャリアを模索している最中という方や、模索しながらそれぞれのターニングポイントで決断したり、また小さな成功体験を積み上げている方といった、身近にいそうで、多くの皆さんに共感してもらいやすい方を中心に取り上げることを心掛けて人選しているよね。

 

関島:

この点は、軸がぶれることなく大切にしているよね。

人にはいろんなタイプの人がいて、それぞれが異なったキャリアを経験している。職種だけでなく、仕事の仕方の趣向性の違いなど、個々によって異なる点は多々あるもんね。

私たち2人もそうだよね。だからこそ、心底 共感しやすい方も違ってきたりもするよね。たとえば、私の場合は、ゆうさん、明確にやりたいことがあるわけではない、ということは共感するなぁ、その観点でいうと。

こんなこと言っているけど、なにげにインタビューを実際にしているもの、大半が私だけどね 笑。

2人のまわりで紹介したい方を決めて、インタビューをお願いして、インタビューメモをプロのライターの方に統一したテイストで仕上げてもらうフローでやっています。

 

希代:

本当にその点では脱帽です!

俺の場合は、和田さんの思考とかすごく似ているなーとか。少しでもこのサイトを訪問していただき、何かしら参考というか、後ろから応援するひとつの切り口になってもらえていたら嬉しいよね。

 

 

「相談相手を探す」サービス

 

関島:

ここまではキャリアインタビューに関して話してきましたが、「CAREER PLANTS」にはもうひとつ別の側面があります。正式なフルローンチと位置付けているキャリアコンサルタントとのマッチングサービスです。こちらのローンチは今年(2019年)1月でした。

 

希代:

これこそが私たちが一番実現したいと思っていたサービスだよね。

恋愛相談は友人にできたり、仕事の愚痴は会社の同僚にしたりしたとしても、キャリアをどうしたいかって悩みは相談できない方が多くいることは、これまで私たちがイベントなどを実施している中で顕在化してきていたよね。そんな彼らを、私たちの生活圏の関東だけではなく、全国区でサポートしたいというのがきっかけだったね。

 

関島:

ここの読者の方には、そのきっかけを、過去の記事で読まれている方もいらっしゃるのでは?笑

 

希代:

確かに!失礼しました。

このサービスで大切にしているのは、登録していただくキャリアコンサルタントの方のことを私たちが知るための場として、面談+キャリアインタビューをさせてもらっています。そこで、その人がこのサービスに相応しい方なのか、また利用者が寄り添いたくなるような方なのか、の見極めを大切にしているよね。

 

関島:

ユーザーが使って安心していただけるように、過去にご利用いただいた方からのクチコミなどを記事として、何名かご紹介させてもらってもいるよね。ひでさんの場合は、キャリア相談を受ける側から、いまではキャリア相談を実施する方にまで変わったというのも嬉しいよね。

 

希代:

だね!あと毎月、登録しているキャリアコンサルタントの方々はじめ、インタビューで紹介させていただいた方を講師に招いたイベントも毎月実施しています。インタビューでは紹介できなかった温度感や、そのキャリアコンサルタントをより身近に感じてもらうきっかけ、またキャリアコンサルタント同士の交流の場として活用していただいていますね。

 

関島:

半年に1度は、私たちのサービスに関わってくれた人がざっくばらんにお食事とお酒を楽しみながら交流できる企画も用意するなど、オンラインサービスという垣根を越えたオフラインでもしっかりと顔の見えるサービスを目指しています。

 

希代:

ここの拡充は計画しているので、今後の私たちの動きにも注目してもらいたいですね。

 

<次回に続く>